睡眠時無呼吸症候群.com » 手術について

椎間板ヘルニア

手術について

腰椎椎間板ヘルニアの手術法には色々とありますが、代表的なものに「ラブ法」があります。これは、腰椎椎間板ヘルニアの手術といえば「ラブ法」と言われるほど、最も確実で信頼性のある方法です。

この手術法は腰椎椎間板ヘルニアのすべての病態に対して信頼性があります。脱出したヘルニアを手術によって除去する方法には、後方(背中側)から行う方法と、前方(腹側)から行う方法がありますが、後方(背中側)から行う方法が主流です。

「ラブ法」もこの方法で、背中側から腰椎に小さな窓を開けて、直接目で確認しながらヘルニアを切除するものです。このラブ法は、顕微鏡を使用し、切開部分が小さくてすみます。

さらに比較的軽症の腰椎椎間板ヘルニアの場合、ヘルニアの摘出には経皮的椎間板摘出術という方法があります。この方法は、腰の斜め後方に約5ミリの切開瘡を開けて、内視鏡でヘルニアを取り除きます。

全身麻酔を施すため、入院前または入院後に、前もって血液検査や心電図などの検査を行い、麻酔医によるチェックが行われます。前日には、部位を決めるために、マーキングという注射を行います。

これは、患部の背部に注射で薬剤(色素)を注入して、Ⅹ線検査をします。当日には、患者には全身麻酔をかけて、手術台にうつ伏せになります。次に患部を消毒して、背中(腰)の部分に、5センチくらいの小さな切開瘡を開けます。

そして、筋肉を脇によけて椎弓の一部を取り除き、椎弓と椎弓の間に1.5~2センチくらいの穴を開けて、神経根を内側に避けて、脱出している部分のヘルニアを1~2グラム摘出します。後は筋肉を戻し、皮膚を閉じるだけです。

時間はだいたい1時間くらいです。輸血の必要はありません。術後2~3日は傷の痛みがありますが、術後2~3日以内にはコルセットをつけての起立・歩行が許可され、積極的に歩くように指導されます。