睡眠時無呼吸症候群.com » 痛みについて

椎間板ヘルニア

痛みについて

椎間板ヘルニアでは、前かがみにかがんだり、その状態から重いものを持ち上げたりという動作によって腰痛が起きたり、激しくなることが常です。

また、はじめのうちは腰痛ばかりという場合でも、足の部位にも症状が出てくることがほとんどです。足の痛みは、何かの拍子に急に出現することもあれば、自分で咳やくしゃみをしたり、外出した際に騒音を聞いたりした際に起こる場合もあります。

そのような椎間板ヘルニア症状に対処するにはまず、前かがみになることと重いものを持ち上げることを避ける必要があります。しかし、前かがみになる動作は日常生活において頻繁にその必要性があるという場合が多いため、生活するうえで大きな支障となる場合は多くなります。

また生活レベルでは気をつけることはできても、仕事をするとなるとなかなか思うように制御できなくなってしまうというのが常です。やはり状態がひどいときには安静にしておくのが肝心と言えます。

足が痛むのは坐骨神経痛が原因です。太股の外側のほうから太股の前、膝部分まで傷む場合、臀部から腿の外側やすねの外側などまでが痛む場合、臀部や太股の後ろ側、ふくらはぎが痛む場合など、脊髄の圧迫部位によっても症状の出る部位は違います。

また、腰の骨の中を通って足まで届いている長い神経への圧迫が、足が痛む原因となっている場合もあります。また腰痛は局所的な腰部の筋肉の炎症と、その炎症が神経に及ぶことが原因です。

椎間板ヘルニアにおいて我慢できない神経痛は治療においてまず最初に緩和させようとしますが、なかなか引かないという場合も多くあります。

またこのような椎間板ヘルニア症状が持続している間、保存療法の目的である自然治癒の効果はほとんど無いといってもよく、早い症状の場合でも持続性が高ければ手術を検討する場合もあります。

椎間板ヘルニアでは、痛みとは特に上手につきあっていく必要があります。痛みが緩和した場合でも、リハビリの方法を取り違えるなどして、すぐにまた出現する可能性もあるためです。