睡眠時無呼吸症候群.com » 五十肩と筋肉

四十肩・五十肩

五十肩と筋肉

五十肩とは、一般には肩関節の周囲の炎症のことを指します。

その他、フローズンショルダー、つまり凍結肩や、疼痛性肩関節制動症なども含まれると考えられる場合もあります。


五十肩は40歳から50歳の間の発症例が最も多く、病理学的には加齢によるもの、生活習慣の積み重なり、怪我などの外傷が響くもの、など、それぞれが原因で関節包や周辺組織の変性、損傷などが起こるものとされています。

腕を上げると特に痛みが起こりやすく、ひどい場合は夜間痛が起こり、なかなか眠れずにストレスが溜まってしまって悪循環を起こします。

慢性期に入って炎症が取れてきても痛みはなくならず、肩関節の可動域はますます狭くなりますが、ここまでくると筋肉疲労もかなり激しくなってきますので、まずは筋肉の硬さを和らげ、緊張を取り除くことが五十肩の改善に大切になります。

五十肩の改善には鍼灸やマッサージなどが効果がありますが、様々な治療法や治療院の中で一体どれを選んでいいものか、悩んでしまう場合が多く、実際には治療場所を確定して施術を受けたにしても効き目がない、というケースも多くあり、そのような場合は自分でリハビリなどを試行してみるしか方法がない状況になってしまいます。

リハビリをする方法はインターネットなどでも紹介されています。アイロン体操などはとても効果が高いという方は多いようです。急性期を過ぎれば、将来可動域が狭くなることを恐れて、積極的にリハビリをしようとする方は多いのです。

温めることで筋肉を緩めてから、一日に5分程度でもストレッチや体操をすれば、改善も早くなり、徐々に肩の違和感も減ってきます。

動作を改善することは、五十肩にはとても大切です。たとえ動かすことができなくても、徐々に可動域は広くなって、解凍期も早く訪れ、その後は特にリハビリをしておいてよかったとおもうようになります。痛みが少ない範囲でのリハビリは五十肩にはなくてはならないものです。

五十肩にリハビリが大切な理由についてはこちらから。