睡眠時無呼吸症候群.com » フットケアサロンについて

フットケアサロンについて

フットケアサロンの定番メニューに、爪のケアがあります。例えば巻き爪になると、かなり痛みます。また巻き爪の治療は皮膚科で、という方が多かったものの、最近ではよりトータルな施術を受けたい、という方が多く、フットケアサロンでの治療を選択する方が増えています。

爪とは何故あるのでしょうか?爪がなくても支障はないかもしれない、という方は多いと思います。指に爪がなくても、ちょっと硬いものをひっかけて取る、程度のこと以外は何もしていない、というのが一般的ですが、実際に爪が無いと、指先の感覚がとても鈍くなるのだそうです。

また、足では特にそうですが、足で踏ん張る動作を取る場合のバランス感覚が見事に減ってしまうとも言われています。

また爪をケアしないと、服を着る時にひっかかってしまったり、靴もうまく履けません。もちろん病気にもなりやすくなります。指と爪の間に汚れが溜まり、感染症を起こすことも考えられます。

このように爪は人体にとってとても大切な役割を持っています。また爪のケアはとても大切なわけです。もちろん女性にとっては美容のためにも大きなポイントです。

フットケアサロンでは美容のケア、ネイルサロンのような施術はしないところが多いですが、1つのサロンで掛け持ちしているという例は多くあります。

最も普及しているドイツ式のフットケアでも、爪のケアは大切に考えています。足の健康状態をチェックしたら、足の汚れを落します。この際にも爪のチェックは大切です。

また爪の病気として多い巻き爪ですが、爪自体は皮膚の角層が変化してできたものですので、皮膚科が専門と言えます。また他にも一般の外科や形成外科、整形外科や内科などでも治療を受けることが可能です。

それぞれの診療科によって治療方法は異なり、手術する場合もあれば、サロンのように矯正をするところもあります。

手術がいや、という場合はできるだけ早期の治療が大切です。このためにも定期的にフットケアサロンでのケアがお勧めです。