睡眠時無呼吸症候群.com » 治療法とその種類

治療法とその種類

変形性膝関節症は早めに治療することが出来ればそれほど怖い病気ではありませんが、患者の多くは痛みが出始める中期症状のころから治療を始めます。

理由は変形性膝関節症では初期症状はほとんど痛みが出てこず、出たとしても朝目覚めたころに少しの時間だけのため放置する患者が非常に多いのがその原因とされています。

変形性膝関節症の悪化を防ぐには、膝の違和感や痛みなどが出た時は放置せずに、すぐに病院で検査してもらうよう心がけるようにしてください。変形性膝関節症では手術と保存療法の二つが行われています。

手術は症状が末期症状まで進んでいる方を対象に行われることが多く、手術法も変形してしまった膝関節を人工関節に取り替えたりすねの骨を削って曲がった脚をまっすぐにしたりと大掛かりな手術が多く、身体に掛かる負担も大きいので可能な限り保存療法による方法を行うようにしています。

保存療法は運動や装具、投薬など複数を平行して行うことで身体に負担をなるべく掛けずに自然治癒力や筋力を高めることで変形性膝関節症を改善していきます。

基本的には運動療法などの根本治療をメインに行っていくことになりますが、膝の痛みからそうした体を動かすことを思ったように行えない患者が多いため、痛み止めの服用やヒアルロン酸を膝関節に注射したりする投薬や、膝サポーターやテーピングといった関節部を保護する器具を装着して膝の痛みを和らげる装具を使用することで変形性膝関節症の症状を抑えつつ運動療法を行うというケースが多いです。

こうしたメニューは医師や理学療法士といった専門化が決定します。自己流の治療メニューだと逆に身体に負荷が掛かって病気を悪化させたり別の病気や怪我になる危険性があるので、病院側の指示はしっかりと守ったほうが良いでしょう。

保存治療は完治するまで時間は掛かりますが、身体の負担は無いうえに再発防止にも役立ちます。毎日少しずつでも行って健康的な身体を手に入れましょう。