睡眠時無呼吸症候群.com » 腰痛の治療法について

腰痛の治療法について

腰は体の要となる部位です。腰という字も要と書きます。このことから、腰を痛めてしまうのは様々な困難が生じることでもあります。

また腰痛といっても軽度の筋肉疲労が原因である場合もあれば、かなり重篤な症状が起こっている場合もあります。

では腰痛にはどのような治療法があるのでしょうか?まず腰痛が起こったら炎症が起こっていると考えて間違いありませんので、炎症を鎮めるための治療が先決となります。つまり、安静を取ることが大切になります。

その他には冷すことも必要ですし、患部をできるだけ動かさないようにするためにはコルセットなどで固定する方法もよく用いられます。

また、炎症が治まった後は重要な筋肉を鍛えることが大切です。腰痛の予防や再発の防止にも必要ですが、腰痛になってしまった場合も、できるだけ痛みを散らしながらトレーニングをすることが必要です。

腹筋や背筋は、柔軟で強い状態が理想ですが、腰痛を起こす方のほとんどは硬直してしまったり、筋肉が痩せてしまっていて、思うように骨をコントロールできません。

また、自己流でのトレーニングに頼るのはよくありません。症状によっては効果が無かったり、逆効果になる恐れもあります。医師、またはスポーツインストラクターなどの指示をもらい、きちんと沿って実行することが必要です。

腹直筋や内腹斜筋、外腹斜筋や背筋を強くし、腰の筋肉をストレッチし、足についても強化とストレッチを取り入れるのがお勧めです。腰が動きやすくなっても、足が鈍い状態ではバランスがうまく取れません。

その他にも様々な保存療法、リハビリの方法があります。また症状によっては最終的には手術を選択することもあります。ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症などの例では、手術用顕微鏡下を使用した侵襲性の低い方法が多く用いられています。

その他には、ヘルニアなどでよく用いられるレーザー治療があります。日帰りでも可能なことで人気がありますが、保険適用ができないという難点もあります。