睡眠時無呼吸症候群.com » 子供のすべり症

子供のすべり症

すべり症は、少し前までは先天性の原因がその多くを占めていて、骨の強さ(弱さ)によってすべり症の発症しやすい人、発症しにくい人がいるというのが一般的な考え方でした。

この考えかたは未だ健在です。実際に、すべり症の発症率には個人差があるとされています。

しかし、そうした中で最近スポーツ医学が進歩することによって、新たな要因として「スポーツによる疲労骨折」というものが議論されるようになってきました。

骨の形成が完全でない成長期である、小中学生の年齢層でこのようなすべり症が多く発症する傾向があると言われています。

やはり親御さんとしても、子供のうちにスポーツ、サッカー、野球、バレーなど、さまざまなスポーツに挑戦させてあげたいと思いますよね。子供時代のスポーツの経験は将来につながるものがありますし、賛成できますが、その中に危険が潜んでいることは理解しておいたほうがいいでしょう。

実は、上で挙げたスポーツはすべて「腰をひねる動き」が存在します。サッカーであればボールを蹴る、野球であればボールを投げる、バットを振る、バレーであればスパイクを打つなどがあります。

これらの負担が、許容量を超えた場合に、すべり症が発症するのです。とはいうものの、間違いなくすべり症が発症するということではありません。あくまでもすべり症の可能性が高まるというだけです。しかし、それでも成人よりは注意が必要となってきます。

プロのスポーツ選手であれば、すべり症に限らず、さまざまな怪我に対して意識を払い、適切に予防行うことが可能です。

しかし、子供の時は専門のトレーナーなどいるわけがないですから、レギュラー獲得のために試合への出場を優先して我慢してしまうこともあり得ます。そうなると、発見が遅れてしまいます。

さらに言えば、成長期の骨であれば、早期発見され適切な治療さえ行えれば、骨癒合が期待できます。子供のうちは怪我への理解や知識がどうしても乏しくなってしまいがちなので、親御さんたちが気をつけてあげることも大切なのです。