睡眠時無呼吸症候群.com » 腰痛と椅子の座り方

腰痛と椅子の座り方

腰は立っている姿勢を続けることよりも、長時間座っているほうが腰痛を起こしやすいため、座り方には特に気を配るべきです。また腰痛になる方が特に多いのはパソコンやネイルアートなどのほとんど手の先だけを動かして他の部位を動かさないというケースです。

この場合、椅子に座って作業する場合がほとんどですので、やはりどう座るかというのが腰痛に対する1つの解決のポイントになります。

まず、高さに気をつけなければなりません。特に椅子が高すぎると、不安定なままのバランスが腰にかかってきて、腰だけでバランスをとろうとしがちです。

踵と親指の下あたりの盛り上がっている部分がしっかりと地面に着いて、かつ、座面よりもやや膝のほうが高い、というような姿勢を保つことができる高さが理想的です。

地面についている場合でも、膝をチェックしてみると座面と平行だったり、地面への着地が無理っぽい、という場合もありますが、わずかの余裕を持っておくことが大切ですので、高さ調節がそれ以上できないのであれば、素直に椅子を交換すべきと思います。

また膝が異常に上がってしまうような場合もバランスを崩しやすくなります。高さと共に考慮すべきポイントが、座面のやわらかさについてです。

やわらかすぎるタイプの椅子を使用すると、腰への負荷が増えてしまいます。よくやわらかいソファーで転寝する、などのフレーズが聞かれますが、カバーなどの素材がやわらかければ問題ありません。

座面がかなり沈みこんでしまう場合、その沈んだ分の重力が腰へ跳ね返ってくることが常ですので、やはりできれば低反発な素材をチョイスするのがベストと言えます。

タクシーのドライバーさん等、長時間ドライブする方も腰には要注意です。できれば車のシートを自分にあったものにすることがベストですが、低反発性のクッションを敷いたり、腰痛用のクッションを敷いたりして予防効果をアップさせている方は多いようです。