睡眠時無呼吸症候群.com » 資金計画について

資金計画について

リノベーションを実施しようとしている人で、資金が潤沢だという人は、そういないでしょう。どちらかというと、新築が買えないとか、資金調達がちょっと苦しいので、誰か援助してくれないか、といったような悩みを抱えている場合があります。

そこで資金計画を立てる際のポイントについてお知らせしておきましょう。もし、リノベーションのみを行うといった場合でも、住宅ローンが残っている場合は、平行しての支払いが待っています。

ですから、慎重に資金計画を立てましょう。中古マンションをローンで購入し、リノベーションも同時にローンを組む場合、やっかいなことになります。

経験豊富な業者でしたら、マンション購入とリノベーションと2つの総額のローンを組んでくれる場合があります。これは大変便利です。

リノベーションローンは、金利が若干高く返済年数も短いため、どうしても月々の返済負担が多くのしかかっていました。

住宅ローンと一緒にして返済するとなると、住宅ローンの返済年数と合わせることができ、しかも金利も安くなるという、相当に負担を軽減してくれるわけです。

しかし、このような不便なローンも少なくなり、リノベーション専用のローンが開発されてきています。こちらのローンはなんと、金利や返済年数も住宅ローンと遜色ない内容になっています。

これらの専用ローンが出てきた背景には、新築住宅に対する需要が減っており、新しい土地に新しい建物を増やすよりも、既存の住宅をもっと活かしていくほうが、今後は増えるだろうという金融機関の将来に対する期待が込められています。

ですから、今後も他の金融機関でもリノベーション専用ローンというものが、開発され一般的なローンとして認識されるようになるでしょう。

うまく資金計画を立てることができれば、工事完了後も安心して住むことができますので、がんばってください。