睡眠時無呼吸症候群.com » 接骨院でヘルニアを治す

接骨院でヘルニアを治す

腰が痛む、あるいは臀部から腰にしびれなどもある、といった症状は、椎間板ヘルニアの可能性が大と言えます。また病院で正確に診断を受けると、薬物や温熱、牽引などを主体した保存療法が開始されます。

この治療法で回復が見られる場合はもちろんあります。しかし、なかなか思うように行かない、という場合は接骨院での治療がお勧めです。

接骨院で低侵襲性の柔道整復術を受けたい、と考える方は多くありませんが、高齢者の方は例外です。つまり接骨での施術を受けたことがある方、といってもいいですが、全身のケアをすることで患部に働きかけることに慣れると、整形外科での治療は怖すぎる、と考える方も多くいらっしゃいます。

ヘルニアの痛みは、神経性の痛みです。またこの神経部分を直接治癒することは接骨ではできませんが、筋肉の緊張を解き、背骨のゆがみを徐々に矯正することはとても大切です。

ヘルニアを元の状態に戻す、つまり椎間板を正常な位置に戻すのは難しいことですが、接骨で痛みやしびれを治すことはこれに比べたらとても簡単なことです。

ヘルニアは多くの方が持っている症状です。つまり痛みが無くてもヘルニアの気がある、という中高年の方はとても多いと言われています。

また痛みが激しすぎる、重度の感覚麻痺がある、などの場合は残念ながら接骨での治療は適していません。つまり外科的手術の領域に入ると言えます。
しかしこれ以外では、長い間信頼関係を築き、ヘルニアが無事にもとの場所に戻るケースも少なくありません。

手術をするほどでもない、病院で安静を取り、また痛みが軽くなればリハビリでどんどん回復が見込める、という場合は、接骨院での治療を平行させる価値が充分にあると言えます。

ヘルニア、そして坐骨神経痛はとても長い治療になります。その間には色々なことに気付くことになります。またこれらのことを治療に活かすこともできます。医者任せの方針ではなく、病気を知って付き合う方法を見つけることが大切です。