睡眠時無呼吸症候群.com » 頚椎ヘルニアのブロック注射について

頚椎ヘルニアのブロック注射について

頚椎ヘルニアでは、その保存療法の1つとしてブロック注射が用いられる場合が多くあります。また頚椎ヘルニアでもこの療法を行う目的は痛みの緩和です。

つまり根本原因を取り除くのではありませんが、痛みを解消させる効果が高く、また定期的に打つことで頚椎ヘルニア患部の血行を高めて、自然治癒の力を高めることも可能です。

主なブロック注射に、神経ブロックがあります。神経の伝導の道すじに対して直接局所麻酔薬を注射し、痛みをブロックする、つまり痛みを感じなくすることができます。また血行をよくし、硬くなった筋肉をリラックスさせる効果もあります。

その他、頚椎ヘルニアで行われる治療に神経根ブロックがあります。この方法では知覚・運動神経をブロックすることができます。

このような個所をブロックすることで痛みは全く感じないようになりますし、筋弛緩作用を起こさせ、ブロックした部位の筋肉をリラックスさせることが可能です。

またほとんどの場合、レントゲン透視下での施術で、神経根の圧迫や走行の異常などをチェックしながら注射されます。

硬膜外ブロックは知覚、運動に加え、交感神経をブロックすることで、血行改善の効果を期待します。

また硬膜外ブロックには腰部硬膜外と仙骨部硬膜外の2種類があり、前者は腰椎の棘突起の間から注射をするのに対し、後者では仙骨、お尻のほぼ中央の骨の隙間から注射をします。

ブロック注射は、ペインクリニックでの施術が主流です。ペインクリニックでは様々な種類のものを扱っていますが、其の中でもこれらのブロック注射は日常的に用いられています。

ですので症例数も多く、より安心感も高くなります。その他には整形外科でも腕の立つ医師が多くあります。特に脊椎専門の医師は症例数も多く抱えています。

また、神経注射ですので、副作用や合併症なども可能性は決して低くありません。できるだけ信頼の高い医師に任せるために、病院を選ぶことが大切です。