睡眠時無呼吸症候群.com » カイロプラクティックで背骨の歪みを治す

カイロプラクティックで背骨の歪みを治す

カイロプラクティックも、整体や病院などでも、最近は腰痛の原因は背骨の歪みが原因である、と説明するところが増えているようです。また病院では触診もすれば画像検査もします。

関節の一部になんらかの問題が生じると、なかなか動きがにぶくなります。また背骨をまっすぐにすることが出来なくなり、この状態を一般にゆがみの状態、と言っています。

カイロプラクティック施術では、特にこのゆがみを重要視しますので、かなり正確に脊柱、背骨のゆがみを調べることが大切になってきます。また欧米ではカイロプラクティックが正式医療になっていますのでX線撮影もできるのですが、日本では現状触診による判断のみとなります。

またこの触診法の代表的なものが、スタティックパルペーションというものです。スタティック、つまり静止している状態でいくつかの姿勢を取り、それぞれの触診結果によってゆがみがあるかどうかを診断する方法です。

またこの方法は古くから用いられていますが、最近は特に正確性を疑問視する意見が増えています。背骨の中央の棘突起が曲がっている場合でもゆがみと判断される場合もあります。

またこれらの部位をよく判断できるカイロプラクターもありますが、若い方の場合はあまり期待できません。またこのスタティックパルペーションにある欠点を補った方法、つまりより正確にゆがみを見つけることができると言われているのがモーションパルペーションです。

モーションパルペーションはいわゆる可動性検査法とも呼ばれますが、どのような関節でも有効で、専用の表記法もある方法です。

背骨にゆがみがあると、筋肉や骨格のバランスも悪化しますし、背骨から出ている神経にも影響が起こり、自律神経にも大きな影響があります。

肩こりがひどい、腰痛がつらい、手足がしびれる、などの場合はやはりできるだけ早く治療を受けることが大切です。また病院でも原因がわからないのであれば、カイロでゆがみを診てもらいましょう。