睡眠時無呼吸症候群.com » 変形性膝関節症の英語

変形性膝関節症の英語

変形性膝関節症は、日本語ですが、英語ではなんと呼ぶのでしょうか。英語では変形性膝関節症は、「OA」という言葉で表現されています。

これは英語の略称ですが、正式には、「Osteoarthritis」(骨関節炎)ということになります。

それが省略されて「OA」という言葉になりました。そして、特に変形性膝関節症などひざの症状のことを言う場合には、「膝OA」ということになります。当然ひざだけでなく、股関節なども変形性関節症を患うこともありますので、その他の関節の部分についても「OA」を使って表現します。

この「膝OA」という変形性膝関節症は、どうして発症するのでしょうか?特にひざの部分というのは、体を支える部分でもあり、体重を支えています。

変形性膝関節症などの病気になっていないときには、感じていませんが、つまり、二本の足のみで体全体を支えているわけですから、可動しているひざの部分に負担がかかっていないわけはありません。

そして、歩くときにもひざには体重の2倍から3倍の負荷がかかっているのです。例えば、階段の昇降などの運動は、足の悪い人にとっては大変です。このときの負荷はどのくらいなのでしょう。

それは体重の5倍から6倍の重量がひざにかかっているということなのです。ひざの部分には、筋肉があり、ひざへの負荷を分散したり、守っていることもありますし、筋肉によるサポートがかなりのウェイトを占めるといっても過言ではないでしょう。

それ以外にも体重の増加によってひざにかかる負荷が増えてしまったといったこともあります。また、ヒアルロン酸の減少もひざの部分の潤滑が悪くなってしまい、ひざの可動が悪くなり骨などが直接触れ合ってしまい、痛みを発症するということもあるわけです。

このような「膝OA」、変形性膝関節症になりたくない、という人も多いでしょう。「膝OA」・変形性膝関節症は、毎日の生活習慣や体の衰えからくる病気といえますので、急にひざが悪くなるということはありません。

ひざがおかしいなということを感じたら、なるべく、ストレッチや運動するなどを積極的に行い、体重も増加しないように、節制することが大切です。