睡眠時無呼吸症候群.com » ツボについて

ツボについて

肩凝りから眼精疲労、頭痛や腰痛など、あらゆる症状には健康に効果的なツボがあると言われます。

ツボとは、体のある部位を指で押すなどした場合にちょっと痛むけれども、気持ちがいい、という感じがする部位、と言えます。これは体のあらゆる場所にありますがどの症状にどの部位がいいか、という決まりがあります。

肩凝りに効くポイントの1つが、肩の付け根と肩先のちょうど中間ぐらいにある、肩井です。また、手を載せた場合にへこんでいると感じるところです。

この場所を手でたたいたり、中指などで押すと、肩凝り、また頭痛や目の疲れなどに健康効果を発揮します。また、肩胛骨の上部から背骨寄りにある、肺兪という場所も肩の健康に効きます。この場所は位置を確認するのがなかなか難しいですので、誰かに手伝ってもらって探してから、指で押してもらったり、ドライヤーなどで温めるのも健康に効果的です。

肩周りばかりでなく、足の裏にも肩凝りや健康に効く重要なツボがあります。足の裏であればツボの位置も探しやすいものですので、自分の健康に合ったものを探してみるのもいいでしょう。

また、足の裏には他の部位にも効くものが多く存在していますので、一度にすべてを刺激すると健康効果も上がってきます。そのため、フットマッサージ機などを使用すると大変に健康効果が上がります。

フットマッサージャーが稼動している間中、足をちょっと動かしてみたりして、気持ちのよいつぼを探すことも簡単にできます。健康な部位のツボも含め、まんべんなくマッサージするのがコツです。

痛みがある場合は、初めは軽めにマッサージしておくと、血行もよくなってきて気持ちよくなり、徐々に力を加えてもいいようになってきます。ツボは単純に力を入れて押せばいい、というものではありません。そうするとかえって逆効果になり健康を崩してしまう場合もあります。

初めは特にやさしく揉む程度にしておいて、対象の部位がリラックスしてきたら徐々に力を入れていくのが健康にベストな方法です。また、よくコツがつかめずに変な場所を刺激して健康を崩す場合もありますから、最初はプロのマッサージ師に押してもらってみるのもいいことです。